ドローンの有効活用

ドローンの有効活用

ドローンの社会問題は一時期ほど取り上げられなくなりましたが正直言って、そのトラブルの件数は減っているとは思えません。逆にその問題の底辺は広がっているといえるでしょう。もちろん、特に日本ではプライベートの問題や景観保護、安全性の観点からもまだまだ課題が山積している状態だといえます。

 

では、今後、ドローンはどのように位置づけられていくべきでしょうか。実際、これをドローンだけの閉じられた世界で考えていてはいけないというのが個人的な考え方です。法で規制するにしてもドローンだけではなく、ほかの今後のロボティクス、AIといった分野の進歩とも絡んでくることは間違いなく、それらをある程度想定して法整備が必要かもしれません。

 

そしてこうした法整備の問題とともにもっと前向きなり応方法、活用方法もあらゆる観点から考えていかねばならないと思います。一部では航空業界で翼にいかに鳥などが入り込まないかシミュレーションすることでチェックするツールとしてドローンが活用されているやに聞きます。また、EC業界ではドローンを活用した空の配達も実際に運用が始まろうとしています。

 

ここからは個人的なドローンの有効活用のプランになりますがこうした議論をあらゆるところで展開すべきだと思います。

 

例えば防犯で活用するというのはいかがでしょう。現きにゅ奏者、またはVIPの移動などにおいて空からの大きな視野での監視を行う際にドローンがあれば非常に便利です。ドローンの映像から不審者が視野に入ってくれば警備が動けばよいわけです。類似の活用方法として、刑務所などはいかがでしょうか。外壁をドローンが囲むようにして飛んで、その映像をリアルタイムで監視センターに送る仕組みにしておけば、囚人に対する大きな抑止力になることはいうまでもありません。人件費の削減にもつながるでしょう。

 

次にエンターテイメントです。スポーツでも野球やサッカーといった広いスペースで展開されるものについては多角での映像が求められる時代になりました。そこでうまくこのドローンを活用した映像を創出すればよいわけです。スポーツのだいご味、迫力を伝えるために非常にわかりやすいサービスになると想定されます。

 

以上のようにドローンは法整備をほかの技術とセットで進めるとともに新たな用途開発を並行して行うことによってその価値をこれまで以上に高めていくことが大きなポイントになっていくのではないでしょうか。

 

帯広のドローン通販サイト
http://drone-start.jp/
北海道帯広市にあるドローンの通販サイト。DJIのファントム4をメインに販売している。

ドローンのメリットとデメリット

ドローンとは、コンピューターを使って、遠隔操作や自律飛行ができる無人航空機です。

 

近年では、ドローンを使ったビジネスに注目が集まっています。

 

 

 

では、そんなドローンにはどんなメリットとデメリット、そして今後実現できる可能性のあるビジネスにはどんなものがあるのかを紹介します。

 

 

 

 

 

ドローンのメリット

 

 

 

・撮影に便利

 

無人で空が飛べるという性質があるので、地震や洪水などで人が入ることができない場所での撮影が可能です。

 

 

 

また、ドローンならではの大迫力のある映像を撮ることができるので、TVでの空撮に利用されています。

 

 

 

・配達に便利

 

Amazonなどの通販サイトの商品や、ピザなどの配達に利用できます。

 

 

 

 

 

・犯人探し

 

無人かつ、空を飛べるので犯人の追跡に利用できます。

 

 

 

 

 

・農業への利用

 

農作物をチェックしたり、農薬を散布することができるので、農業での活躍が期待できます。

 

 

 

・被災地での活躍

 

被災地で物資を届けたり、被災状況を確認したり、行方不明者を捜索するといったことに

 

活躍が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

ドローンのデメリット

 

 

 

・戦争に利用

 

元々、ドローンは軍事用に作られたこともあって、戦争に利用される可能性があります。

 

 

 

・墜落する可能性

 

天候や、強風、バッテリー切れ、故障などでドローンが墜落する危険性があります。

 

 

 

・高さなどの制限

 

航空法などのルールによって、高さなどが制限されて、自由にドローンを飛ばせない可能性があります。

 

 

 

・音

 

ドローンの種類によっては音がうるさく、騒音問題になる可能性があります。

 

 

 

・プライバシーの問題

 

無人で撮影できることから、プライバシーを無視して撮影される可能性があります。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

私たちの生活に身近になってきたドローン。

 

配達や撮影などで便利な一方、墜落や犯罪に利用されるなどの危険性があります。

 

なので、法律の整備が整った上で安全・安心にドローンが利用されていくことが期待されます。

 

 

 

法律が整備されれば、ドローンは、私たちの生活を豊かにしてくれるかもしれん。